医療法人 真正会

一般小児科の他、糖尿病・低身長・小児アレルギーの相談
医療法人 真正会 川村小児科
愛知県名古屋市名東区上社2-42-1
TEL:052-777-0776

低身長 名古屋 身長 糖尿病 小児アレルギー 予防接種 乳児健診 名古屋市 川村小児科

低身長

CONTENS

HOME

携帯サイトへは左記QRコードよりアクセスしてください。

医療法人 真正会 川村小児科 〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社2-42-1 アクセス方法>>

身長の基準

低身長は、SDスコアという方式で表されます。SDというのは「標準偏差」の頭文字で、標準身長からどれくらい離れているかを表します。偏差値のちょうど真ん中を0.0SDとし、プラスの数字が大きいほど身長が高く、マイナス数字が大きいほど身長が低くなります。
正確に低身長というには、各年齢の標準身長から2標準偏差以下(-2.0SD)の場合を言います。
低身長の子供は、100人中2~3人ということになります。

男子

年齢 -2.0SD 平均値
5歳 100 106.6
6歳 103.7 113.3
7歳 109.4 119.6
8歳 114.7 125.3
9歳 119.7 130.9
10歳 124.6 136.4
11歳 129.0 142.2
12歳 133.9 149.1
13歳 140.7 156.5
14歳 148.6 162.8
(cm)

女子

年齢 -2.0SD 平均値
5歳 99.9 106.2
6歳 103.5 112.3
7歳 108.8 118.8
8歳 113.8 124.6
9歳 118.7 130.5
10歳 123.9 136.9
11歳 130.0 143.7
12歳 137.0 149.6
13歳 142.2 153.6
14歳 145.2 156.0
(cm)
  • 5歳以下は -1.5標準偏差、6歳からは -2.0標準偏差をとっている。
  • 2000(平成12)年度 厚生省統計による

何センチ以下が心配なの?

医学的には表中の -2.0SD以下の身長の場合は受診をお奨めします。
残念ながら、一般の病院では公費負担の制度上、-2.5SD以下でなければ病気と診断されず、治療を受けられないことが多いのです。
しかし、現実には、ご両親が「うちの子は背が低いのではないか」と心配されるのは、平均的な30人前後のクラスで低い方から数えて1~2番目あたりではないでしょうか?

これは、全学年100~150人中では低い方から5~7番目に入ります。
すなわち、7%ライン前後であると言えます。
また、全体の中で何番目かということではなく、その子の身長が伸びているかどうかも問題です。例えば、1年前は平均にいたのに、今は前から3番目だという場合や、同じ1番前でも2番目の子と大きく差があるときは、注意した方が良いでしょう。

受診の目安・相談の時期

わが子の身長が平均より低いと感じながら、受診すべきかどうか、その時期はいつが良いのかの判断がつかずに悩んでいらっしゃるご両親は多いのではないかと思います。
身長は7%ライン以下、時期は小学校1年生(6歳)~5年生(10歳)までの受診が、最も望ましいのです。
身長の伸びる時期は限られています。中学2年~3年になってからでは遅いのです。
骨年齢が、男子は17歳以上、女子は15歳以上になると、治療効果が得られなくなります。

「この子なりに成長します」の意味は?

当院を受診される患者さんの中には、すでに成長・発達の専門医を訪ねた経験を持つ方も多く見られます。その時、医師からは「身長は低めですが、この子なりに成長します」と言われ、安心してしまったというお母様が少なくありません。
「この子なり」の意味を、標準身長と取り違えて安心してしまうのです。

しかし、現実に標準身長(男子 170cm、女子 158cm)に達することはなく、成長の最終段階である13~14歳になってから来院されることが多いのです。

こうした行き違いの原因は、多くの病院で低身長の推定原因を説明した上で、その時点で考えられる最終予測身長を知らされないことにあるのです。
名城病院~川村小児科と30年余りにわたり低身長の治療に携わってきた経験から、最も大切な点をあいまいにしては、決して満足のいく結果は得られないと痛感しています。

低身長の原因

手足の長さと体幹の長さのバランスが良い、現在まで続いている慢性の病気はない場合の低身長の主な原因は下記のようになります。

  1. 1)成長ホルモン分泌不全性低身長
  2. 2)甲状腺機能性低身長
  3. 3)思春期遅発症
  4. 4)2~3歳までの栄養摂取不十分による低栄養性低身長
  5. 5)低出生体重性低身長
  6. 6)家族性低身長
  7. 7)その他

詳しく発育歴を調べてみると、低身長の原因のいくつかが浮かんできます。
しっかりと原因を突き止め、治療を受けなかった場合の最終身長を予測し、現時点での最良の方法を納得のいくまで主治医と話し合うことが何よりも大切です。
また、身長の発育に関しては栄養も大きな問題です。
当院では、専門の栄養士が食事の分析、偏りの補正、摂取量の増加をはかるなど、栄養面からもサポートしています。
これらの診療には、1回30分以上という十分な時間を要しますので、予約制にしています。